万葉集 第11巻 2448番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2448番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2448番歌

第11巻
歌番号 2448番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 <白>玉 間開乍 貫緒 縛依 後相物
訓読 白玉の間開けつつ貫ける緒もくくり寄すれば後もあふものを
かな しらたまの あひだあけつつ ぬけるをも くくりよすれば のちもあふものを
英語(ローマ字) SHIRATAMANO AHIDAAKETSUTSU NUKERUWOMO KUKURIYOSUREBA NOCHIMOAFUMONOWO
白玉と白玉の間を開け、紐に通していくけれど、くくり寄せれば、結局最後は結び合わさるというではないか。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 烏 白 [万葉考] [西(右書)] 焉 / 後 (塙) 復
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、比喩、恋情
タイトルとURLをコピーしました