万葉集 第11巻 2508番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2508番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2508番歌

第11巻
歌番号 2508番歌
作者 作者不詳
題詞 問答
原文 皇祖乃 神御門乎 懼見等 侍従時尓 相流公鴨
訓読 すめろぎの神の御門を畏みとさもらふ時に逢へる君かも
かな すめろぎの かみのみかどを かしこみと さもらふときに あへるきみかも
英語(ローマ字) SUMEROGINO KAMINOMIKADOWO KASHIKOMITO SAMORAFUTOKINI AHERUKIMIKAMO
あなたは恐れ多くも宮殿にお仕えしている時に出合った人なのよ。(だから言動は慎重になさって下さいね)
左注 (右二首 / 以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、非略体、序詞