万葉集 第11巻 2641番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2641番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2641番歌

第11巻
歌番号 2641番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 時守之 打鳴鼓 數見者 辰尓波成 不相毛恠
訓読 時守の打ち鳴す鼓数みみれば時にはなりぬ逢はなくもあやし
かな ときもりの うちなすつづみ よみみれば ときにはなりぬ あはなくもあやし
英語(ローマ字) TOKIMORINO UCHINASUTSUDUMI YOMIMIREBA TOKINIHANARINU AHANAKUMOAYASHI
時守の打ち鳴らす鼓の音の数をかぞえてみると、もうやってきてもよい時刻。なのに逢いにやってこないのは怪訝。
左注
校異
用語 女歌、時報
タイトルとURLをコピーしました