万葉集 第11巻 2829番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2829番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2829番歌

第11巻
歌番号 2829番歌
作者 作者不詳
題詞 (譬喩)
原文 衣霜 多在南 取易而 著者也君之 面忘而有
訓読 衣しも多くあらなむ取り替へて着ればや君が面忘れたる
かな ころもしも おほくあらなむ とりかへて きればやきみが おもわすれたる
英語(ローマ字) KOROMOSHIMO OHOKUARANAMU TORIKAHETE KIREBAYAKIMIGA OMOWASURETARU
着物は多くあるにこしたことはありませんが、取り替え着れば(着物に目を奪われ)あなたの顔を忘れてしまいそうです。
左注 右二首寄衣喩思
校異
用語 皮肉、恋愛
タイトルとURLをコピーしました