万葉集 第11巻 2509番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2509番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2509番歌

第11巻
歌番号2509番歌
作者作者不詳
題詞(問答)
原文真祖鏡 雖見言哉 玉限 石垣淵乃 隠而在つ
訓読まそ鏡見とも言はめや玉かぎる岩垣淵の隠りたる妻
かなまそかがみ みともいはめや たまかぎる いはがきふちの こもりたるつま
英語(ローマ字)MASOKAGAMI MITOMOIHAMEYA TAMAKAGIRU IHAGAKIFUCHINO KOMORITARUTSUMA
(ちらりと目配せした程度だもの)、逢った内に入るだろうか。宮中深く隠(こも)っている妻よ。
左注右二首( / 以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語作者:柿本人麻呂歌集、非略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました