万葉集 第11巻 2773番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2773番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2773番歌

第11巻
歌番号 2773番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 刺竹 齒隠有 吾背子之 吾許不来者 吾将戀八方
訓読 さす竹の世隠りてあれ我が背子が我がりし来ずは我れ恋めやも
かな さすたけの よごもりてあれ わがせこが わがりしこずは あれこひめやも
英語(ローマ字) SASUTAKENO YOGOMORITEARE WAGASEKOGA WAGARISHIKOZUHA AREKOHIMEYAMO
しっかりした竹の節に隠れるようにあなたが隠っておいでになれば、すなわち私の許へおいでにならなければ、恋に苦しむことはないでしょうに。
左注
校異
用語 枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました