万葉集 第11巻 2395番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2395番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2395番歌

第11巻
歌番号 2395番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 行々 不相妹故 久方 天露霜 <沾>在哉
訓読 行き行きて逢はぬ妹ゆゑひさかたの天露霜に濡れにけるかも
かな ゆきゆきて あはぬいもゆゑ ひさかたの あまつゆしもに ぬれにけるかも
英語(ローマ字) YUKIYUKITE AHANUIMOYUゑ HISAKATANO AMATSUYUSHIMONI NURENIKERUKAMO
訪ねても訪ねても逢ってくれない彼女ゆえ、私は露霜に濡れてしまいます。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 沽 沾 [文][細][温]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました