万葉集 第11巻 2372番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2372番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2372番歌

第11巻
歌番号 2372番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 是量 戀物 知者 遠可見 有物
訓読 かくばかり恋ひむものぞと知らませば遠くも見べくあらましものを
かな かくばかり こひむものぞと しらませば とほくもみべく あらましものを
英語(ローマ字) KAKUBAKARI KOHIMUMONOZOTO SHIRAMASEBA TOHOKUMOMIBEKU ARAMASHIMONOWO
こんなにも恋することが苦しいものと知っていたら、遠くから憧れているだけでよかったものを。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました