万葉集 第11巻 2453番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2453番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2453番歌

第11巻
歌番号 2453番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 春楊 葛山 發雲 立座 妹念
訓読 春柳葛城山に立つ雲の立ちても居ても妹をしぞ思ふ
かな はるやなぎ かづらきやまに たつくもの たちてもゐても いもをしぞおもふ
英語(ローマ字) HARUYANAGI KADURAKIYAMANI TATSUKUMONO TACHITEMOゐTEMO IMOWOSHIZOOMOFU
春柳の季節に彩られた葛城山に湧き上がった雲のように立っても居てもいつも彼女のことが思われてならない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、序詞、奈良、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました