万葉集 第11巻 2638番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2638番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2638番歌

第11巻
歌番号 2638番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 梓弓 末之腹野尓 鷹田為 君之弓食之 将絶跡念甕屋
訓読 梓弓末のはら野に鳥狩する君が弓弦の絶えむと思へや
かな あづさゆみ すゑのはらのに とがりする きみがゆづるの たえむとおもへや
英語(ローマ字) ADUSAYUMI SUゑNOHARANONI TOGARISURU KIMIGAYUDURUNO TAEMUTOOMOHEYA
梓弓(あづさゆみ)末の原野で鷹狩されるあなたの弓弦(ゆづる)が切れるなどと思いもしません。
左注
校異
用語 比喩、枕詞、恋愛、地名、大阪府
タイトルとURLをコピーしました