万葉集 第11巻 2639番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2639番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2639番歌

第11巻
歌番号 2639番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 葛木之 其津彦真弓 荒木尓毛 憑也君之 吾之名告兼
訓読 葛城の襲津彦真弓新木にも頼めや君が我が名告りけむ
かな かづらきの そつびこまゆみ あらきにも たのめやきみが わがなのりけむ
英語(ローマ字) KADURAKINO SOTSUBIKOMAYUMI ARAKINIMO TANOMEYAKIMIGA WAGANANORIKEMU
あの葛城の襲津彦も使ったという新しい弓のように、私を新妻にしようとなさったのでしょうか。あなたは私の名を人にお告げになりましたね。
左注
校異
用語 序詞、女歌、うわさ、恋愛
タイトルとURLをコピーしました