万葉集 第11巻 2831番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2831番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2831番歌

第11巻
歌番号 2831番歌
作者 作者不詳
題詞 (譬喩)
原文 水沙兒居 渚座船之 夕塩乎 将待従者 吾社益
訓読 みさご居る洲に居る舟の夕潮を待つらむよりは我れこそまされ
かな みさごゐる すにゐるふねの ゆふしほを まつらむよりは われこそまされ
英語(ローマ字) MISAGOゐRU SUNIゐRUFUNENO YUFUSHIHOWO MATSURAMUYORIHA WAREKOSOMASARE
ミサゴのいる干潟に停泊して潮が満ちて来るのを待つ舟、その舟より私はあなたを待ち焦がれています。
左注 右一首寄船喩思
校異
用語 動物、、恋情
タイトルとURLをコピーしました