万葉集 第11巻 2606番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2606番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2606番歌

第11巻
歌番号 2606番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 人目多 常如是耳志 候者 何時 吾不戀将有
訓読 人目多み常かくのみしさもらはばいづれの時か我が恋ひずあらむ
かな ひとめおほみ つねかくのみし さもらはば いづれのときか あがこひずあらむ
英語(ローマ字) HITOMEOHOMI TSUNEKAKUNOMISHI SAMORAHABA IDURENOTOKIKA AGAKOHIZUARAMU
人目が多いのでいつもこんなふうに様子を窺っていたら、いつになったら私は恋い焦がれないでいられようか。
左注
校異
用語 うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました