万葉集 第11巻 2450番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2450番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2450番歌

第11巻
歌番号 2450番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 雲間従 狭や月乃 於保々思久 相見子等乎 見因鴨
訓読 雲間よりさ渡る月のおほほしく相見し子らを見むよしもがも
かな くもまより さわたるつきの おほほしく あひみしこらを みむよしもがも
英語(ローマ字) KUMOMAYORI SAWATARUTSUKINO OHOHOSHIKU AHIMISHIKORAWO MIMUYOSHIMOGAMO
雲間を渡っていく月のように、ぼんやりと見かけただけのあの子だけど、逢うきっかけでもあればなあ。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、非略体、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました