万葉集 第11巻 2463番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2463番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2463番歌

第11巻
歌番号 2463番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 久方 天光月 隠去 何名副 妹偲
訓読 久方の天照る月の隠りなば何になそへて妹を偲はむ
かな ひさかたの あまてるつきの かくりなば なにになそへて いもをしのはむ
英語(ローマ字) HISAKATANO AMATERUTSUKINO KAKURINABA NANININASOHETE IMOWOSHINOHAMU
天空を照らす月が没してしまったら、何になぞらえて彼女をしのんだらいいのだろう。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました