万葉集 第11巻 2461番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2461番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2461番歌

第11巻
歌番号 2461番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 山葉 追出月 端々 妹見鶴 及戀
訓読 山の端を追ふ三日月のはつはつに妹をぞ見つる恋ほしきまでに
かな やまのはを おふみかつきの はつはつに いもをぞみつる こほしきまでに
英語(ローマ字) YAMANOHAWO OFUMIKATSUKINO HATSUHATSUNI IMOWOZOMITSURU KOHOSHIKIMADENI
山の端にかかって沈まんとする三日月のようにちらりと彼女を見ただけなのに、恋しさが募ってならない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました