万葉集 第11巻 2514番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2514番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2514番歌

第11巻
歌番号2514番歌
作者作者不詳
題詞(問答)
原文雷神 小動 雖不零 吾将留 妹留者
訓読鳴る神の少し響みて降らずとも我は留まらむ妹し留めば
かななるかみの すこしとよみて ふらずとも わはとどまらむ いもしとどめば
英語(ローマ字)NARUKAMINO SUKOSHITOYOMITE FURAZUTOMO WAHATODOMARAMU IMOSHITODOMEBA
少しでもいいから雷が鳴れば、雨が降らなくたって私は留まるよ。彼女が引き留めさえすれば。
左注右二首( / 以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語作者:柿本人麻呂歌集、略体、後朝
タイトルとURLをコピーしました