万葉集 第11巻 2513番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2513番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2513番歌

第11巻
歌番号 2513番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答)
原文 雷神 小動 刺雲 雨零耶 君将留
訓読 鳴る神の少し響みてさし曇り雨も降らぬか君を留めむ
かな なるかみの すこしとよみて さしくもり あめもふらぬか きみをとどめむ
英語(ローマ字) NARUKAMINO SUKOSHITOYOMITE SASHIKUMORI AMEMOFURANUKA KIMIWOTODOMEMU
少しでもいいから雷が鳴り、曇り空になって雨でも降らないかしら。そうすればあなたを引き留められるのに。
左注 (右二首 / 以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、女歌、後朝
タイトルとURLをコピーしました