万葉集 第11巻 2832番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2832番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2832番歌

第11巻
歌番号 2832番歌
作者 作者不詳
題詞 (譬喩)
原文 山河尓 筌乎伏而 不肯盛 <年>之八歳乎 吾竊N師
訓読 山川に筌を伏せて守りもあへず年の八年を我がぬすまひし
かな やまがはに うへをふせて もりもあへず としのやとせを わがぬすまひし
英語(ローマ字) YAMAGAHANI UHEWOFUSETE MORIMOAHEZU TOSHINOYATOSEWO WAGANUSUMAHISHI
筒状の漁具を仕掛けておきながら、その魚(娘)をよく監督できない親の目を盗んで八年もの間娘と通じていたものだ。
左注 右一首寄魚喩思
校異 羊 年 [嘉][文][類][紀]
用語 比喩、恋愛、戯笑
タイトルとURLをコピーしました