万葉集 第11巻 2452番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2452番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2452番歌

第11巻
歌番号 2452番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 雲谷 灼發 意追 見乍<居> 及直相
訓読 雲だにもしるくし立たば慰めて見つつも居らむ直に逢ふまでに
かな くもだにも しるくしたたば なぐさめて みつつもをらむ ただにあふまでに
英語(ローマ字) KUMODANIMO SHIRUKUSHITATABA NAGUSAMETE MITSUTSUMOWORAMU TADANIAFUMADENI
せめて雲のようにはっきりと浮かび出てくれれば、慰めに眺めていよう。直接逢える日が来るまで。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 為 居 [万葉考]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました