万葉集 第11巻 2777番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2777番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2777番歌

第11巻
歌番号 2777番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 疊薦 隔編數 通者 道之柴草 不生有申尾
訓読 畳薦へだて編む数通はさば道の芝草生ひずあらましを
かな たたみこも へだてあむかず かよはさば みちのしばくさ おひずあらましを
英語(ローマ字) TATAMIKOMO HEDATEAMUKAZU KAYOHASABA MICHINOSHIBAKUSA OHIZUARAMASHIWO
畳の目を繰り返し編むほども通っていらっしゃれば、道の芝草など生えなかったでしょうに。
左注
校異
用語 植物、枕詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました