万葉集 第11巻 2793番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2793番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2793番歌

第11巻
歌番号 2793番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 玉緒之 間毛不置 欲見 吾思妹者 家遠在而
訓読 玉の緒の間も置かず見まく欲り我が思ふ妹は家遠くありて
かな たまのをの あひだもおかず みまくほり あがおもふいもは いへどほくありて
英語(ローマ字) TAMANOWONO AHIDAMOOKAZU MIMAKUHORI AGAOMOFUIMOHA IHEDOHOKUARITE
緒に並んだ玉に間がないように、いつも逢っていたい彼女だが、その彼女の家は遠い。
左注
校異
用語 恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました