万葉集 第11巻 2792番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2792番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2792番歌

第11巻
歌番号 2792番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 玉緒之 <寫>意哉 年月乃 行易及 妹尓不逢将有
訓読 玉の緒の現し心や年月の行きかはるまで妹に逢はずあらむ
かな たまのをの うつしごころや としつきの ゆきかはるまで いもにあはずあらむ
英語(ローマ字) TAMANOWONO UTSUSHIGOKOROYA TOSHITSUKINO YUKIKAHARUMADE IMONIAHAZUARAMU
玉の緒のように長く、現に待ち遠しいわが心、年月のあらたまるまで、彼女に逢わずにいられるだろうか。
左注
校異 嶋 寫 [万葉集略解(宣長説)]
用語 恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました