万葉集 第11巻 2687番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2687番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2687番歌

第11巻
歌番号 2687番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 櫻麻乃 苧原之下草 露有者 令明而射去 母者雖知
訓読 桜麻の麻生の下草露しあれば明かしてい行け母は知るとも
かな さくらをの をふのしたくさ つゆしあれば あかしていゆけ はははしるとも
英語(ローマ字) SAKURAWONO WOFUNOSHITAKUSA TSUYUSHIAREBA AKASHITEIYUKE HAHAHASHIRUTOMO
桜麻(さくらを)が茂る原の下草は露に濡れていますから、夜を明かしてお帰りなさいな、母が知ることになっても。
左注
校異
用語 植物、女歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました