万葉集 第11巻 2782番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2782番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2782番歌

第11巻
歌番号 2782番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 左寐蟹齒 孰共毛宿常 奥藻之 名延之君之 言待吾乎
訓読 さ寝がには誰れとも寝めど沖つ藻の靡きし君が言待つ我れを
かな さぬがには たれともぬめど おきつもの なびきしきみが ことまつわれを
英語(ローマ字) SANUGANIHA TARETOMONUMEDO OKITSUMONO NABIKISHIKIMIGA KOTOMATSUWAREWO
寝るだけでしたら誰とも寝るでしょうけど、沖の藻のようにあなたに靡いてしまった私はただあなたの言葉を待っているのです。
左注
校異
用語 植物、女歌
タイトルとURLをコピーしました