万葉集 第11巻 2725番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2725番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2725番歌

第11巻
歌番号 2725番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 白細<砂> 三津之黄土 色出而 不云耳衣 我戀樂者
訓読 白真砂御津の埴生の色に出でて言はなくのみぞ我が恋ふらくは
かな しらまなご みつのはにふの いろにいでて いはなくのみぞ あがこふらくは
英語(ローマ字) SHIRAMANAGO MITSUNOHANIFUNO IRONIIDETE IHANAKUNOMIZO AGAKOFURAKUHA
真っ白な砂浜の御津が黄赤色の粘土で染まっているように、はっきり言葉に出して言いませんが、私は恋していますあなたを。
左注
校異 妙 砂 [嘉][文][類][紀]
用語 地名、大阪府、序詞、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました