万葉集 第11巻 2716番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2716番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2716番歌

第11巻
歌番号 2716番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 自高山 出来水 石觸 破衣念 妹不相夕者
訓読 高山ゆ出で来る水の岩に触れ砕けてぞ思ふ妹に逢はぬ夜は
かな たかやまゆ いでくるみづの いはにふれ くだけてぞおもふ いもにあはぬよは
英語(ローマ字) TAKAYAMAYU IDEKURUMIDUNO IHANIFURE KUDAKETEZOOMOFU IMONIAHANUYOHA
高い山からほとばしり出てくる水が岩に触れて砕け散る。そんな風に砕け散る我が思い。彼女に逢えない夜は。
左注
校異
用語 恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました