万葉集 第11巻 2715番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2715番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2715番歌

第11巻
歌番号 2715番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 神名火 打廻前乃 石淵 隠而耳八 吾戀居
訓読 神なびの打廻の崎の岩淵の隠りてのみや我が恋ひ居らむ
かな かむなびの うちみのさきの いはぶちの こもりてのみや あがこひをらむ
英語(ローマ字) KAMUNABINO UCHIMINOSAKINO IHABUCHINO KOMORITENOMIYA AGAKOHIWORAMU
神社の打廻(うちみ)の崎にある岩だらけの淵はひっそりと隠れている。その淵のように私は恋い焦がれるばかりであろうか。
左注
校異
用語 枕詞、奈良県、明日香、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました