万葉集 第11巻 2476番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2476番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2476番歌

第11巻
歌番号 2476番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 打田 稗數多 雖有 擇為我 夜一人宿
訓読 打つ田には稗はしあまたありといへど選えし我れぞ夜をひとり寝る
かな うつたには ひえはしあまた ありといへど えらえしわれぞ よをひとりぬる
英語(ローマ字) UTSUTANIHA HIEHASHIAMATA ARITOIHEDO ERAESHIWAREZO YOWOHITORINURU
耕す田には捨て去る稗がまだ数多く残っている。その稗さえ残っているのに、よりにもよってこの私が捨てられ、一人寝をしなければならない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました