万葉集 第11巻 2651番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2651番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2651番歌

第11巻
歌番号 2651番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 難波人 葦火燎屋之 酢<四>手雖有 己妻許増 常目頬次吉
訓読 難波人葦火焚く屋の煤してあれどおのが妻こそ常めづらしき
かな なにはひと あしひたくやの すしてあれど おのがつまこそ つねめづらしき
英語(ローマ字) NANIHAHITO ASHIHITAKUYANO SUSHITEAREDO ONOGATSUMAKOSO TSUNEMEDURASHIKI
難波人が葦で火を焚くので家内は煤けているけれど、私の妻はいつも新鮮。
左注
校異 原字不明 四 [西(上書訂正)][嘉][文][類][紀]
用語 序詞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました