万葉集 第11巻 2431番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2431番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2431番歌

第11巻
歌番号 2431番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 鴨川 後瀬静 後相 妹者我 雖不今
訓読 鴨川の後瀬静けく後も逢はむ妹には我れは今ならずとも
かな かもがはの のちせしづけく のちもあはむ いもにはわれは いまならずとも
英語(ローマ字) KAMOGAHANO NOCHISESHIDUKEKU NOCHIMOAHAMU IMONIHAWAREHA IMANARAZUTOMO
鴨川は急流の瀬を越えたあとはゆったりとした流れになる。そんな風に穏やかな気持になって彼女に逢おう。今、急いで逢おうとしなくとも。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、京都、恋情、地名、序詞
タイトルとURLをコピーしました