万葉集 第11巻 2431番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2431番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2431番歌

第11巻
歌番号 2431番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 鴨川 後瀬静 後相 妹者我 雖不今
訓読 鴨川の後瀬静けく後も逢はむ妹には我れは今ならずとも
かな かもがはの のちせしづけく のちもあはむ いもにはわれは いまならずとも
英語(ローマ字) KAMOGAHANO NOCHISESHIDUKEKU NOCHIMOAHAMU IMONIHAWAREHA IMANARAZUTOMO
鴨川は急流の瀬を越えたあとはゆったりとした流れになる。そんな風に穏やかな気持になって彼女に逢おう。今、急いで逢おうとしなくとも。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、京都、恋情、地名、序詞
タイトルとURLをコピーしました