万葉集 第11巻 2432番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2432番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2432番歌

第11巻
歌番号 2432番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 言出 云忌々 山川之 當都心 塞耐在
訓読 言に出でて言はばゆゆしみ山川のたぎつ心を塞かへたりけり
かな ことにいでて いはばゆゆしみ やまがはの たぎつこころを せかへたりけり
英語(ローマ字) KOTONIIDETE IHABAYUYUSHIMI YAMAGAHANO TAGITSUKOKOROWO SEKAHETARIKERI
口に出して言うのははばかられるので、山を下る川の激流のような激しい思いをぐっとこらえた。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、比喩
タイトルとURLをコピーしました