万葉集 第11巻 2410番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2410番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2410番歌

第11巻
歌番号 2410番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 璞之 年者竟杼 敷白之 袖易子少 忘而念哉
訓読 あらたまの年は果つれど敷栲の袖交へし子を忘れて思へや
かな あらたまの としははつれど しきたへの そでかへしこを わすれておもへや
英語(ローマ字) ARATAMANO TOSHIHAHATSUREDO SHIKITAHENO SODEKAHESHIKOWO WASURETEOMOHEYA
今年は暮れていくけれど、寝床で袖を交わし共寝したあの子のことだもの、忘れられるものか。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、非略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました