万葉集 第11巻 2485番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2485番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2485番歌

第11巻
歌番号 2485番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 袖振 可見限 吾雖有 其松枝 隠在
訓読 袖振らば見ゆべき限り我れはあれどその松が枝に隠らひにけり
かな そでふらば みゆべきかぎり われはあれど そのまつがえに かくらひにけり
英語(ローマ字) SODEFURABA MIYUBEKIKAGIRI WAREHAAREDO SONOMATSUGAENI KAKURAHINIKERI
姿が見えん限りに袖を振って見送ったけれど、とうとうあの人の姿は遠ざかっていって松の枝に隠れてしまった。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、女歌、後朝、別れ、植物
タイトルとURLをコピーしました