万葉集 第11巻 2486番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2486番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2486番歌

第11巻
歌番号 2486番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 珍海 濱邊小松 根深 吾戀度 人子め
訓読 茅渟の海の浜辺の小松根深めて我れ恋ひわたる人の子ゆゑに
かな ちぬのうみの はまへのこまつ ねふかめて あれこひわたる ひとのこゆゑに
英語(ローマ字) CHINUNOUMINO HAMAHENOKOMATSU NEFUKAMETE AREKOHIWATARU HITONOKOYUゑNI
茅渟(ちぬ)の海の浜辺に生えている小松は根を深くおろしている。その根のように私は深く密かに恋続けるよりほかに術がない。彼女は人妻なので。
左注 或本歌<曰> 血沼之海之 塩干能小松 根母己呂尓 戀屋度 人兒故尓 /(以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 歌 [西] 謌 / 云 曰 [嘉][類][紀]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、大阪、植物、恋情、序詞、掛詞、地名

第11巻 2486S1番歌(異伝歌1)

題詞 (寄物陳思)或本歌<曰>
原文 血沼之海之 塩干能小松 根母己呂尓 戀屋度 人兒故尓
訓読 茅渟の海の潮干の小松ねもころに恋ひやわたらむ人の子ゆゑに
かな ちぬのうみの しほひのこまつ ねもころに こひやわたらむ ひとのこゆゑに
英語(ローマ字) CHINUNOUMINO SHIHOHINOKOMATSU NEMOKORONI KOHIYAWATARAMU HITONOKOYUゑNI
茅渟の海の浜辺に生えている小松は根を深くおろしている。心をこめてわたくしはあの女性を愛し続けるよ。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、大阪、地名、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました