万葉集 第11巻 2497番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2497番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2497番歌

第11巻
歌番号2497番歌
作者作者不詳
題詞(寄物陳思)
原文早人 名負夜音 灼然 吾名謂 つ恃
訓読隼人の名に負ふ夜声のいちしろく我が名は告りつ妻と頼ませ
かなはやひとの なにおふよごゑの いちしろく わがなはのりつ つまとたのませ
英語(ローマ字)HAYAHITONO NANIOFUYOGOゑNO ICHISHIROKU WAGANAHANORITSU TSUMATOTANOMASE
私は、あの有名な隼人の夜警の声のように、はっきりとわが名を申しました。後は妻として頼りにして下さいな。
左注(以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語作者:柿本人麻呂歌集、略体、序詞、薩摩、地名、露見、恋情、女歌、名告り
タイトルとURLをコピーしました