万葉集 第11巻 2622番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2622番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2622番歌

第11巻
歌番号 2622番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 志賀乃白水<郎>之 塩焼衣 雖穢 戀云物者 忘金津毛
訓読 志賀の海人の塩焼き衣なれぬれど恋といふものは忘れかねつも
かな しかのあまの しほやきころも なれぬれど こひといふものは わすれかねつも
英語(ローマ字) SHIKANOAMANO SHIHOYAKIKOROMO NARENUREDO KOHITOIFUMONOHA WASUREKANETSUMO
志賀の海人の塩焼く作業衣のように汚れ、慣れ親しんでも、恋というのはいつまで経っても忘れられない。
左注
校異 浪 郎 [西(右貼紙)][嘉][文][類][紀]
用語 福岡、地名、衣、序詞
タイトルとURLをコピーしました