万葉集 第11巻 2684番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2684番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2684番歌

第11巻
歌番号 2684番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 笠無登 人尓者言<手> 雨乍見 留之君我 容儀志所念
訓読 笠なしと人には言ひて雨障み留まりし君が姿し思ほゆ
かな かさなしと ひとにはいひて あまつつみ とまりしきみが すがたしおもほゆ
英語(ローマ字) KASANASHITO HITONIHAIHITE AMATSUTSUMI TOMARISHIKIMIGA SUGATASHIOMOHOYU
笠がないのでと人には言って、雨に降り込まれたからと我が家に立ち寄ったあの方の姿が忘れられない。
左注
校異
用語 女歌、恋愛、追懐
タイトルとURLをコピーしました