万葉集 第11巻 2411番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2411番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2411番歌

第11巻
歌番号 2411番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 白細布 袖小端 見柄 如是有戀 吾為鴨
訓読 白栲の袖をはつはつ見しからにかかる恋をも我れはするかも
かな しろたへの そでをはつはつ みしからに かかるこひをも あれはするかも
英語(ローマ字) SHIROTAHENO SODEWOHATSUHATSU MISHIKARANI KAKARUKOHIWOMO AREHASURUKAMO
真っ白な袖をちらりと見かけただけなのに、こんなにも激しい恋に私は落ちてしまった。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました