万葉集 第11巻 2705番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2705番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2705番歌

第11巻
歌番号 2705番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 愛八師 不相君故 徒尓 此川瀬尓 玉裳<沾>津
訓読 はしきやし逢はぬ君ゆゑいたづらにこの川の瀬に玉裳濡らしつ
かな はしきやし あはぬきみゆゑ いたづらに このかはのせに たまもぬらしつ
英語(ローマ字) HASHIKIYASHI AHANUKIMIYUゑ ITADURANI KONOKAHANOSENI TAMAMONURASHITSU
ああ、逢っても下さらないあの方なのに、いたづらにこの川の瀬に玉藻を濡らしてしまいました。
左注
校異 沽 沾 [文][細][温]
用語 女歌、川渡り、恋情
タイトルとURLをコピーしました