万葉集 第11巻 2391番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2391番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2391番歌

第11巻
歌番号 2391番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 玉響 昨夕 見物 今朝 可戀物
訓読 玉かぎる昨日の夕見しものを今日の朝に恋ふべきものか
かな たまかぎる きのふのゆふへ みしものを けふのあしたに こふべきものか
英語(ローマ字) TAMAKAGIRU KINOFUNOYUFUHE MISHIMONOWO KEFUNOASHITANI KOFUBEKIMONOKA
昨夕、陽炎のようにちらりとお見かけしたばかりのことで、今朝になって恋しくなるなんてことがありましょうか。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、枕詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました