万葉集 第11巻 2360番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2360番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2360番歌

第11巻
歌番号 2360番歌
作者 作者不詳
題詞 (旋頭歌)
原文 人祖 未通女兒居 守山邊柄 朝々 通公 不来哀
訓読 人の親処女児据ゑて守山辺から朝な朝な通ひし君が来ねば悲しも
かな ひとのおや をとめこすゑて もるやまへから あさなさな かよひしきみが こねばかなしも
英語(ローマ字) HITONOOYA WOTOMEKOSUゑTE MORUYAMAHEKARA ASANASANA KAYOHISHIKIMIGA KONEBAKANASHIMO
人の親というのは我が娘をきちんと守るというが、その守山辺ではないが、毎朝、毎朝通ってきて下さっていたあなた、そのあなたが来なくなって悲しい。
左注 (右十二首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、旋頭歌、序詞
タイトルとURLをコピーしました