万葉集 第11巻 2758番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2758番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2758番歌

第11巻
歌番号 2758番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 菅根之 懃妹尓 戀西 益卜<男>心 不所念鳧
訓読 菅の根のねもころ妹に恋ふるにし大夫心思ほえぬかも
かな すがのねの ねもころいもに こふるにし ますらをごころ おもほえぬかも
英語(ローマ字) SUGANONENO NEMOKOROIMONI KOFURUNISHI MASURAWOGOKORO OMOHOENUKAMO
菅の根のようにしっかりからまって彼女に恋してしまった、ああ、男子たる心構えも忘れてしまいそう。
左注
校異 思而 男 [万葉集略解(宣長説)]
用語 植物、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました