万葉集 第11巻 2445番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2445番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2445番歌

第11巻
歌番号 2445番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 淡海々 沈白玉 不知 従戀者 今益
訓読 近江の海沈く白玉知らずして恋ひせしよりは今こそまされ
かな あふみのうみ しづくしらたま しらずして こひせしよりは いまこそまされ
英語(ローマ字) AFUMINOUMI SHIDUKUSHIRATAMA SHIRAZUSHITE KOHISESHIYORIHA IMAKOSOMASARE
琵琶湖に沈んだ白玉のように恋というものを知らなかったが、現実に恋してみると知ってからの方がまさる。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、琵琶湖、滋賀、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました