万葉集 第11巻 2480番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2480番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第11巻 2480番歌

第11巻
歌番号 2480番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 路邊 壹師花 灼然 人皆知 我戀つ [或本歌<曰> 灼然 人知尓家里 継而之念者]
訓読 道の辺のいちしの花のいちしろく人皆知りぬ我が恋妻は [或本歌曰 いちしろく人知りにけり継ぎてし思へば]
かな みちのへの いちしのはなの いちしろく ひとみなしりぬ あがこひづまは [いちしろく ひとしりにけり つぎてしおもへば]
英語(ローマ字) MICHINOHENO ICHISHINOHANANO ICHISHIROKU HITOMINASHIRINU AGAKOHIDUMAHA [ICHISHIROKU HITOSHIRINIKERI TSUGITESHIOMOHEBA]
道の辺に咲くいちしの花ではないが、はっきりと人が皆知る所となってしまった、我が恋の上の妻のことを。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 歌 [西] 謌 / 云 曰 [嘉][類]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、序詞、うわさ、露見、異伝
タイトルとURLをコピーしました