万葉集 第11巻 2661番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2661番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2661番歌

第11巻
歌番号 2661番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 霊治波布 神毛吾者 打棄乞 四恵也壽之 ね無
訓読 霊ぢはふ神も我れをば打棄てこそしゑや命の惜しけくもなし
かな たまぢはふ かみもわれをば うつてこそ しゑやいのちの をしけくもなし
英語(ローマ字) TAMADIHAFU KAMIMOWAREWOBA UTSUTEKOSO SHIゑYAINOCHINO WOSHIKEKUMONASHI
いつもお守り下さる神様、今回は私をお見棄て下さい。ええい、命の惜しいことなどありません。
左注
校異
用語 枕詞、怨み、恋愛
タイトルとURLをコピーしました