万葉集 第11巻 2427番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2427番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2427番歌

第11巻
歌番号 2427番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 是川 瀬々敷浪 布々 妹心 乗在鴨
訓読 宇治川の瀬々のしき波しくしくに妹は心に乗りにけるかも
かな うぢかはの せぜのしきなみ しくしくに いもはこころに のりにけるかも
英語(ローマ字) UDIKAHANO SEZENOSHIKINAMI SHIKUSHIKUNI IMOHAKOKORONI NORINIKERUKAMO
宇治川の瀬々に繰り返し寄せてくる波のように、しきりに彼女のことが心に押し寄せてくる。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、序詞、京都、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました