万葉集 第11巻 2478番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2478番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2478番歌

第11巻
歌番号 2478番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 秋柏 潤和川邊 細竹目 人不顏面 <公无>勝
訓読 秋柏潤和川辺の小竹の芽の人には忍び君に堪へなくに
かな あきかしは うるわかはへの しののめの ひとにはしのび きみにあへなくに
英語(ローマ字) AKIKASHIHA URUWAKAHAHENO SHINONOMENO HITONIHASHINOBI KIMINIAHENAKUNI
秋の柏が露に潤みその脇を流れる川辺の笹、その芽のようにひっそりと人には覚られないようにすることができますが、あなたの前では耐えられなくて人に覚られてしまいそうです。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 君無 公无 [嘉][類]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、地名、植物、枕詞、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました