万葉集 第11巻 2648番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2648番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2648番歌

第11巻
歌番号 2648番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 云<々> 物者不念 斐太人乃 打墨縄之 直一道二
訓読 かにかくに物は思はじ飛騨人の打つ墨縄のただ一道に
かな かにかくに ものはおもはじ ひだひとの うつすみなはの ただひとみちに
英語(ローマ字) KANIKAKUNI MONOHAOMOHAJI HIDAHITONO UTSUSUMINAHANO TADAHITOMICHINI
あれやこれやと思ったりしません。飛騨人の打つ墨縄のようにただ一筋にまっすぐあなたを思っています。
左注
校異 云 々 [嘉][文][細][京]
用語 序詞、恋愛、女歌
タイトルとURLをコピーしました