万葉集 第11巻 2760番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2760番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2760番歌

第11巻
歌番号 2760番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 足桧之 山澤徊具乎 採将去 日谷毛相<為> 母者責十方
訓読 あしひきの山沢ゑぐを摘みに行かむ日だにも逢はせ母は責むとも
かな あしひきの やまさはゑぐを つみにゆかむ ひだにもあはせ はははせむとも
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMASAHAゑGUWO TSUMINIYUKAMU HIDANIMOAHASE HAHAHASEMUTOMO
山沢に黒クワイを摘みに行くその日だけでも逢って下さい。母は責めるでしょうけれど。
左注
校異 将 為 [嘉][類]
用語 枕詞、植物、女歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました